HOME > サービス > ウェブ解析 > 業種別解析例

◆なにがわかる? そしてどうする? 業種別解析例

歯科医院

「子供 歯科」「小学生 矯正」といった検索ワードがこれまでより、数もワードの種類も増えた。

春休みと重なっていたことから、時間が多くとれるこの時期に子供の歯のケアを考えたのではと仮説を立て、これから長期休みの前に、こども歯科ケアをすすめる検索連動型広告や、ブログで子供の歯の健康に関する情報の発信を検討してはどうかと提案。

 

 

だるま製造販売

社名や「だるま 長野」という検索ワードより、「婚礼 だるま」などのワードからサイトに入る件数が、サイトを開設して以来次第に高まってきた。

けれど、このランディングページが、サイト内回遊を促すものになってなかったため、サイト訪問者の離脱率が高いものとなっていた。

ランディングページとしてよりサイト回遊につながるページに模様替えをし、ここを起点にサイト内の動線ができ、問い合わせや購買につながるよう改善し、離脱率を下げることができた。

 

 

飲食

「キッズスペース」のワードで検索していることが判明。

近くに幼稚園や小学校があることから、ママが子連れやママ友同士で来店してもらうため、チラシのポスティングや読者層がこれに合うフリーペーパーへの広告出稿を提案。

 

 

     
    

  このように、データと行事(世間の動き)などを重ね合わせながら、 

  宣伝活動にウェブ媒体と紙媒体のどれをどの程度の範囲に展開する

  のが効果的かといったことを考え提案し、改善のお手伝いをします。