HOME > サービス > ウェブ解析 > ウェブ解析とは

◆ウェブ解析とは

ホームページやソーシャルネットワークのアクセス履歴(*1)のデータを積極的に活用して、総合的な観点からマーケティングの戦略立案し、推進していくことです。

インターネットからの宣伝や誘客、販売を進めていく際、アクセス履歴のデータを解析することでお客様の動向を把握でき、売上アップにつなげていくことができます。

*1 アクセス履歴 …ウェブ解析をするなかでわかる事項。検索ワード、訪問時間、閲覧ページ、どの地域から閲覧してきているか、閲覧者が使っているブラウザなど、さまざまな情報が得られます。



ウェブ解析士とその役割

お客様に、「関心を持ってもらえる」、「魅力的にうつる」、「ファンになりたいと思わせる」ようなホームページにするには、常にアクセス状況を把握することが不可欠です。

 

でもそれだけでは不完全です。

巷のニュースや流行など、世間一般の動きをいつも追いかけている必要があります。そしてさまざまな要素を見て、調べながら、お客様により満足してもらえる、有益だと思ってもらえるページになるよう改善し続けることが必要です。

 

ではどこを見て、どうすればいいのか…。

社会のトレンドをどうページ作りやマーケティングに生かしていけばいいのか…。


この問題を解決するのがウェブ解析士です。

今ある課題を一緒に考え、改善を進め、売上アップに直結する提案をするのがウェブ解析士の仕事(*2)です。

 

 

*2 ウェブ解析士の求められているスキル

  ウェブ解析には次の3つのスキルが必要です。

  ●経営・マーケティングの知識

  ●ウェブ・インターネットの知識

  ●統計・データを読み解く知識



Netplaceはホームページ制作、アンケートデータ処理、広報・広告展開、各種販促物制作などを手掛けてきましたので、

ウェブ解析を効果的に使ったネットとリアルの両面からマーケティング展開のお手伝いができます。

 

これはホームページの制作を専門に手掛けているところや広告代理店にはない、

当社の強みです。